連載:環境とエネルギー安全保障

エネルギー安全保障における現実課題

皆さん、こんにちは、愛知治郎です。
今回は、「エネルギー」について、私の考えをお話したいと思います。

エネルギーの確保は、市民生活や経済活動といった国の基盤に関わっています。
持続可能な未来に向けて、責任の持てるエネルギーの安定供給は、いかなる事態であっても万全を期して確立しなければなりません。

私は自然エネルギーを促進するために、当時、環境庁長官だった父、愛知和男の秘書時代からこのテーマを勉強してきました。そして、平成13年の参議院初当選以来、国会では環境委員会に所属し、積極的に環境問題に取り組んできました。それだけに、自然エネルギーを取り巻く、現状、課題は十分に理解しているつもりです。

たとえば日本における風力発電の設置基数は2011年度末の調査で1870基あります。その風車が最高の状態で発電しても、日本の電力需要の0.4%ほどしか、まかなうことができません。

太陽光発電による電気にも、自宅等で使う電気を上回る量の発電をした際、その上回る分の電力を固定価格で電力会社に売ることができる制度を作り、推進していますが、現状は風力発電の何十分の1レベルの供給量でしかありません。

つまり、自然エネルギーの普及を推進してきたからこそ、自然エネルギーだけでは残念ながら現在の日本の電力需要のすべてをまかなうことができないという、現実の課題を認識しています。

では、日本のエネルギー安全保障と資源外交をどのように進めていくのが望ましいのか。このつづきを、次回お話ししたいと思います。

(第2回につづく)

連載:環境とエネルギー安全保障連載一覧

連載記事は合わせてお読みいただくことをおすすめしています。

  1. エネルギー安全保障における現実課題 現在お読みいただいている記事
  2. シェールガス革命と日本の資源外交
  3. 温暖化を防止できる森林整備