連載:政局より国益を優先するべき

国益を守る場

皆さん、こんにちは。愛知治郎です。

ゴールデンウイークが終わって、国会は今年度予算案の参院での審議が行われています。
しかし、連休明け真っ先に野党が共闘したのは、川口順子参院環境委員長の解任要求でした。

今回の経緯は次のとおりです。民主党など参院の野党7党は、川口順子環境委員長の解任決議案を参院に共同提出しました。4月23、24両日で許可を得ていた中国への出張でしたが、渡航後、副首相級の楊潔チ国務委員との会談が4月25日に設定されたため、出張日程の延長を願い出ましたが、野党側の反対により参院議運委理事会の了承が得られなかったため、やむを得ずそのまま北京滞在を1日延長して、楊氏と会談したことを受けてのことです。

川口環境委員長に対する解任決議案は9日の参院本会議で可決されました。常任委員長が解任されるのは、衆参両院を通じて初めてのことです。
私は、今回の委員長解任は行き過ぎ、野党は悪しき前例を作ってしまったと考えています。

この続きは、次回に詳しくお話しさせてください。

(第2回につづく)

連載:政局より国益を優先するべき連載一覧

連載記事は合わせてお読みいただくことをおすすめしています。

  1. 国益を守る場 現在お読みいただいている記事
  2. 政局より国益を優先するべき
  3. 本筋の国会審議を望みたい